社会人音楽サークルSEA SPARROWS東京

リーダーシップを取れる

ギタリストに向いている人の特徴として、しっかりとリーダーシップを取れるという点が挙げられます。ギターという楽器は、曲の主要部分を担当するとても目立つ楽器です。そのため演奏において、みんなをリードすることが求められるため、ぐいぐいと引っ張っていけるリーダータイプの人にぴったりでしょう。全体を引っ張り、みんなの演奏を向上させることに使命感を持って演奏できるとよいですね。また、演奏面だけではなく精神面でもバンドを盛り上げられるような、面倒見のよい人におすすめです。

コツコツ練習できる

ギターはバンドの花形の、とても目立つ楽器です。ギターの良し悪しは、初心者のお客さんにもすぐに気づかれてしまいますので、技術的に優れている必要があるでしょう。上手に演奏できるギタリストでなければ、バンドメンバーも付いてきません。そのためには、コツコツ練習できる性格であるというのもギタリストにおける資質の一つです。ギターは気軽に始められますが、練習はとても大変で続けるのは意外と難しいです。簡単に弾けそうに見えますが、上達するのは難しく、途中であきらめてしまう人も多い楽器です。そんな楽器だからこそ、普段からコツコツと努力を重ねることが重要で、その姿勢はバンドのメンバーにもよい影響を与えるでしょう。
 

作曲に興味がある人

曲作りやメロディーのアイディアがたくさんある人も、
ギターの演奏に向いています。
ギターは一人でも演奏を完結できてしまう楽器ですので、
メロディーを考えてら、そこにコードを当てていくことで、
一人でも作曲をすることが出来ます。
もしこれから楽器を始めて、
最終的には作曲にもチャレンジしたいと考えられている人には、
ギターはピアノやキーボードよりも場所を取らないので、
オススメだといえるでしょう。

手先が器用な人

ギターは細かな指の動かし方が重要な楽器になってきます。
そのため、細かな作業が得意な方は、ギターの上達も早い傾向にあります。
私が以前知り合った人で、手芸を趣味でやっていたという方が、
初めてギターをやったときに、指の動かし方の習得がとても早かったのを覚えています。
もし手先の器用さに自信がある方は、一度ギターに興味がなくてもチャレンジしてみたら、
思いのほかスラスラ上達して、楽しく演奏が出来るようになってしまうかもしれませんよ!

手が大きくて指が長い人

手が小さくてしっかり演奏が出来ずにギターをやめてしまう方は結構多いです。
ギターを弾く際には、手を大きく開いて押さえる演奏方法もありますので、
こういった際に、手が大きなは小さい人よりも有利になります。
また、手の小ささをカバーできるのが手の柔軟性です。
手が小さくても、指がグニグニ色々な形に動かせる人は、
手の小ささを柔軟性でカバーすることも可能です。
また、柔軟性はある程度ストレッチで向上させることが出来ますので、
手が小さくてもすぐにギターをあきらめるのではなく、
指を開く練習を取り入れてみることをオススメします。
手の大きさはギター演奏に限らず、ピアノやベースにとっても有利です。
手の大きな人がギターを始めてみると、
他の人が出来なかった奏法をサラサラ演奏できてしまうということも少なくありません。

周りもしっかり引き立てられる

主要パートを担当するギターは、曲の中では必然的に目立つ役割になりますので、無意識のうちに前に出過ぎになりがちです。自分の演奏を目立たせることに意識がいってしまい、他の楽器とのバランスを考えられずに崩壊させてしまうケースもあります。ギタリストに大切なのは、あくまでも全体を踏まえたうえで演奏できることです。自己主張が強すぎず他のパートも目立たせる演奏が出来る人が、一流のギタリストに向いているのです。
更新日:2019年4月10日
バンドマンなら知っておきたい!良い音楽スタジオの見分け方
更新日:2019年4月10日
自分に合った音楽サークルの見つけ方
更新日:2019年4月10日
負担にならない社会人の音楽サークルの向き合い方
更新日:2018年9月17日
ボーカルで音楽サークルに参加してみよう
更新日:2018年9月17日
浮かれてはいけない!音楽事務所に所属することの現実
更新日:2018年9月15日
ライブ出演前に最低限やっておきたいこと