社会人音楽サークルSEA SPARROWS東京

バンド演奏をバックに歌を歌いたい方へ

歌をうたうと、とても気分がすっきりとし、ストレス発散になりますよね。とはいえ、自分一人で歌っているだけですと、物足りなさを感じるのではないでしょうか?特に、アンサンブルが好きな方にとっては、誰かと一緒に歌ったり、楽器と共演する方が楽しいかもしれませんね。どこでも手軽に出来るのがボーカルの良さですが、バンドをバックにして歌うと、一人で歌うのとは全く違った面白さを味わうことができます。とはいえ、自分でバンドを一から結成するのは意外と大変です。そこでおすすめなのが、音楽サークルにボーカルとして参加する方法で、この方法であれば自分のバンドがない方であってもバンドを背に歌うことができます。

ハミングでバンド演奏に参加

ソロボーカルとしてメインで主旋律を歌うのは、自分の声がとても目立ち、アピールすることができるという楽しさがあります。一方で、ハミングやハモリとして歌を歌うのにもメインでメロディーを歌うのとは全く違った楽しさがあるのをご存じでしたか?どちらかというと脇役的な役割のハミングですが、メインの歌と絶妙に絡み合った時の達成感は格別です。アドリブ技術は求められますがその分やりがいも大きく、普通の歌とは違った楽しさを堪能することができます。コーラスやハミングでセッションに参加できるのも、音楽サークルならではの良さですから、そういった活用をしてみるのもおすすめです。

「カラオケには飽きた!」という方に

歌が好きでカラオケによく行く人だと、最初はみんなと行っていたけど、
だんだんカラオケに行く相手を誘うのに疲れて、一人で行く人もいらっしゃいます。
そんなカラオケ好きな人でもやっぱり一人で歌うよりも、
誰かの前で歌ってみたいという願望は、人によって大なれ小なれあるかと思います。
そういったカラオケ好きが高じてバンドサークルに参加してボーカルを楽しまれている方もいらっしゃいます。
最初はバンドをバックに歌うのに慣れずに、音程やリズムを上手に取れない方も、
ある程度のボーカルスキルがあれば、自然とバンドでのボーカルもすぐに慣れてくるかと思います。
もしカラオケでの歌にマンネリ化を感じているボーカリストは、
バンドサークルに挑戦されてみてはいかがですか?

ボーカルを募集しているバンドから声がかかるかも!?

社会人サークルにバンド活動の傍ら、
バンドメンバー以外との演奏を楽しみたいと考えて参加される方もいらっしゃいます。
そのなかで、自分のバンドに入ってもらいたいと思えるようなボーカリストの方を見つけて、
バンドへの参加をお願いされている方も少なくありません。

ボーカルはやりたいと思う人口が多い分、なかなかバンドメンバー募集サイトで募ったとしても、
希望に合ったボーカリストが見つからないと、以前サークルに参加されていた方が言っていました。
バンドサークルで歌を歌うことで、思ってもいないような、
しっかりとした活動をされているバンドから声が掛かることだってあります。

歌を楽しむことは勿論のこと、自分の歌の可能性を発見出来る場にもなりうるバンドサークルは、
歌い手の方にとっては、一度は参加してみたい場だといえるでしょう。

ボーカルの参加を歓迎しているウォーターバグズクラブ

社会人音楽サークルのウォーターバグズクラブは、楽器の演奏ではなくボーカルとして歌を歌いたい方の参加も歓迎しているため、楽器ができない人でもサークル活動を楽しめます。ボーカルの募集と聞くと、ボイトレをしていたり、秀でて歌が上手い人でなければ参加しにくいイメージがあるかもしれませんが、ウォーターバグズクラブはボーカル経験のない初心者でも参加可能です。現に、ボーカル初心者の方も多く活動に参加しておりますので、音楽が好きな方であればどなたでも気負いなく参加することができます。


ボーカル募集中の音楽サークル

ボーカルの指導も受けられる

この社会人音楽サークルのウォーターバグズクラブの活動の中で、
ボーカリストの方に対してのレクチャーも受けることが出来ます。
「歌は歌いたいけど、上手に歌えるか不安」という方は、気兼ねなく質問してみてください。
自分では気が付かなかったような歌のアプローチを見つけていけますから、
イベント開催中に着実にスキルアップしていけます。
更新日:2019年4月10日
バンドマンなら知っておきたい!良い音楽スタジオの見分け方
更新日:2019年4月10日
自分に合った音楽サークルの見つけ方
更新日:2019年4月10日
負担にならない社会人の音楽サークルの向き合い方
更新日:2018年9月17日
ボーカルで音楽サークルに参加してみよう
更新日:2018年9月17日
浮かれてはいけない!音楽事務所に所属することの現実
更新日:2018年9月15日
ライブ出演前に最低限やっておきたいこと