社会人音楽サークルSEA SPARROWS東京

事務所に所属=プロデビューではない!

まずはじめに音楽事務所に入ることイコールがプロデビューではありません。中には音楽事務所に所属していなくても、プロ並みの活動をされているミュージシャンもいます。音楽事務所にスカウトされたり、入ることが決まった場合でも、浮かれることなく冷静に自分の立ち位置や音楽事務所のやってくれる役割を理解して、自分自身がやらなくてはいけないこと、事務所が自分の代わりにやってくれることを十分に理解したうえで、音楽事務所に入ってからの音楽活動に取り組んでみましょう。

音楽事務所も色々ある

音楽でプロを目指したい人にとって、音楽事務所に所属することは憧れでもありステイタスでもあるでしょう。とはいえ、一言で音楽事務所と言ってもその実体は実にさまざまで、色んな音楽事務所があることを知っておく必要があります。音楽事務所によっては非常に良心的で、親身になってアーティストに寄り添い、売り込みを全面的にバックアップしてくれます。そのような事務所に所属することができれば、アーティストとしてはこの上なく心強いです。その一方で、中には入ってもお金ばかり取られるような事務所も存在するため注意が必要でしょう。そのような事務所に入ってしまうと、キャリアを潰してしまう可能性がありますので気をつけなければならないのです。

音楽事務所の口コミをチェックする

音楽事務所に所属するにあたってホームページやSNSをチェックするかと思いますが、事務所が発信している情報だけを鵜呑みにしてはいけません。たとえばその事務所に所属しているアーティストの活動内容を調べてみましょう。しっかりとしたプロモーションビデオを作っていたり、精力的な活動を行っているアーティストが所属しているかどうかで、その事務所が本当に活動をしっかり行っているのかを判断できます。さらにそれらの活動にあたっての資金のサポートやアーティストへのバックやノルマの判断も必要です。事務所の口コミ画掲載されている場合には、ちゃんとお給料の支払いがあるのか、活動にあたって多額のお金を使わなくてはいけないのかをある程度チェックすべきです。

音楽事務所は何でもやってくれるわけではない

音楽事務所は便利屋ではありませんので、自分たちが売れるための手伝いを何でもしてくれるというわけではありません。音楽事務所にとっても商売ですから利益にならないことは、やってくれない場合がほとんどです。もちろん一流アーティストなら話は別で、事務所の看板でもありますから優先的にPRしてもらえますし、好待遇です。その一方で、まだ実績のない駆け出しのアーティストの場合、どうしても後回しにされがちですから、事務所任せにしてはいけません。基本的には、自分たちも演奏以外のPR活動もしていかなければダメでしょう。

事務所に入らないで活動するという選択も

事務所に所属して活動するメリットは沢山ありますが、それでも絶対に事務所に所属しなければ成功しないかというとそうではありません。必ずしも事務所に所属しないと成功しない訳では決してなく、個人でPR活動していき世間に名を知らしめたアーティストも沢山います。特に最近では、SNSなどを活用して自分たちの活動を容易に発信することができますので、事務所に所属していなくても宣伝することは可能です。自分たちによく合い、親身になってくれる事務所であれば所属するべきでしょうが、あまりよくない事務所であれば所属せずに活動する方が成功するための近道になる場合もあります。事務所に所属することだけにこだわるのではなく、売れるための道筋をよく考える必要があるでしょう。
更新日:2019年4月10日
バンドマンなら知っておきたい!良い音楽スタジオの見分け方
更新日:2019年4月10日
自分に合った音楽サークルの見つけ方
更新日:2019年4月10日
負担にならない社会人の音楽サークルの向き合い方
更新日:2018年9月17日
ボーカルで音楽サークルに参加してみよう
更新日:2018年9月17日
浮かれてはいけない!音楽事務所に所属することの現実
更新日:2018年9月15日
ライブ出演前に最低限やっておきたいこと