社会人音楽サークルSEA SPARROWS東京

個人練習で音楽スタジオに入る

「ベースを弾いてみたいけれど、何からすればいいのかわからない。バンドに入っても弾けないと迷惑がられそう」と困っている人はいませんか?確かに全く弾けないうちからバンドに入ろうとするのは、現実的とはいえません。まずは1人でゆっくり練習して、基本的なベースの奏法を覚えましょう。よく分からなくても、とにかくベースを触って音を出してみることが大切です。練習スタジオに行けばベースをレンタルできますし、部屋にはアンプもありますから、あなたはスタジオの料金とベースの教則本だけ持っていけば大丈夫。ちなみに「スタジオを借りるお金がもったいない」と感じるかもしれませんが、個人でスタジオを借りる時の料金は、バンドで借りる時に比べて安いことが多いです。近所のスタジオの料金を調べて、1時間あたりの料金が割安な所に行きましょう。

初心者を募集しているバンドを探す

少し弾けるようになってきたら、いよいよ自分に合ったバンドを探してみましょう。インターネットで探してもよいですし、練習スタジオなどにあるバンド募集の掲示板をチェックするのもひとつの方法です。注意したいことは「初心者を募集しているバンドを探すこと」。初心者といってもかなり幅があるので、どの程度のレベルが求められているのかよくチェックしましょう。募集を見てもよく分からなかったら、連絡して聞いてみるという姿勢が大切です。

初心者音楽サークルなら教わりながら上達できる

とはいえ「バンドに入るのは気がひける」「もう少し気楽にのんびりとやりたい」と思う人も多いでしょう。そういう人は、初心者向きの音楽サークルに入ってみてはいかがでしょうか。バンドは主に3〜5人といった少人数で、メンバー同士密接に関わりながら活動することになります。一方サークルはもう少し人数が多く「参加できる時だけ気軽に」というスタンスのところも多いので、自分のペースで参加しやすいのです。また、ボーカルやギターに比べてベースを弾く人は少ないですから、初心者でも参加を歓迎してくれるサークルは多いでしょう。さらに、サークルの中には上級者にテクニックを教わりながら演奏を楽しめるところもあるので、そういうところに入ればまさに「一石二鳥」です。音楽サークルは、バンドに比べると様々な点で初心者に優しいといえるでしょう。マイペースで、ゆっくりベースが上手くなりたいという方にはおすすめです。


ベースの指導を受けながら演奏を楽しめるウォーターバグズクラブは毎週土曜日開催ですので、挑戦して見たい方はエントリーをご検討されてみてはいかがでしょうか!


ベース演奏を楽しめるウォーターバグズクラブ
更新日:2018年9月17日
浮かれてはいけない!音楽事務所に所属することの現実
更新日:2018年9月15日
ライブ出演前に最低限やっておきたいこと
更新日:2018年9月14日
スカウトされるバンドの特徴
更新日:2018年9月13日
初心者がベースを始める為の手順
更新日:2018年9月13日
音楽活動の成功を左右するコミュニケーション能力
更新日:2018年9月12日
初心者バンドが対バンに出演するときの注意点