社会人音楽サークルSEA SPARROWS東京

演奏が上手いから売れるはごく稀


演奏が上手ければ売れると思っているバンドマンの方、それは間違いです。
売れるために演奏技術が必要なのは確かですが、現実はそう甘くなく、演奏がそこそこ上手いだけではバンドは売れないのです。
例えば、演奏技術が卓越しているとか、あまり信じたくはないでしょうが容姿が良いとか、そういった要素がないと売れません。
そのため、そういった要素がないいわば「普通のバンド」は、マーケティングをしっかりとやらなければいけません。

練習だけしていてもお客さんは増えない


前途したように、演奏が上手いだけでは売れません。
しかし、「演奏が上手ければ売れるはず!」と信じて練習量をどんどん増やしていく人も多いはずです。
そうして一生懸命やっているつもりでも、全く売れる気配もなく、練習量だけが増えていく人もいるのではないでしょうか。
しかし実際は練習量とバンドの人気が比例することはないため、練習をどんどん増やすだけ無駄なのです。
そのような非効率的な方法に頼るより、マーケティングで周りに差を付ける方が効率的です。
練習しても練習しても話題にならないのであれば、自分たちで自分たちの話題を作っていけばいいのです。

売れているバンドを分析しよう


売れているバンドを見てみると、失礼ながら演奏が上手い訳でも容姿が良い訳でもないバンドもいたりします。
そういうバンドがなぜ売れているのか、まずは考えて分析しましょう。
まずは人気の理由をサーチし、SNSやブログをチェックするのも良いでしょう。
そうすれば、おのずと「売れるためのマーケティング方法」というものが見えてきます。
例えば変わった企画のライブをしているですとか、メンバーそれぞれのキャラ付けがしっかりしているなど、そういったことから真似してみるのも良いかもしれません。
また、そういった売れているバンドのファンに、人気の理由や魅力を直接聞くのも良いでしょう。
お金がかかったり、一朝一夕ではできないもの、自分たちには到底無理なものに挑戦することはやめましょう。
自分たちにできることから始めていくことが重要です。
更新日:2018年9月17日
浮かれてはいけない!音楽事務所に所属することの現実
更新日:2018年9月15日
ライブ出演前に最低限やっておきたいこと
更新日:2018年9月14日
スカウトされるバンドの特徴
更新日:2018年9月13日
初心者がベースを始める為の手順
更新日:2018年9月13日
音楽活動の成功を左右するコミュニケーション能力
更新日:2018年9月12日
初心者バンドが対バンに出演するときの注意点