社会人音楽サークルSEA SPARROWS東京

初心者向けのアマチュアライブイベントに出演しよう




バンドを始めたばかりのアマチュアバンドの方々が第一の目標とする事はステージに立って、自分たちの演奏をライブで披露することではないでしょうか。そこで今回は、初心者バンドがライブ出演する際のワンポイントアドバイスをご紹介したいと思います。アマチュアバンドの方々の参考になれば幸いです。

初心者が断られるライブイベントも少なくない




いざ初心者のアマチュアバンドの方々が、ライブ出演したいと考えたときに意外と初心者のバンドの方々がライブに出演するということが難しいということに気が付くと思います。一言にライブといっても準備したりしなきゃいけない事や、出演に際する注意点など多くの事をクリアしなくてはいけません。ライブ出演の経験があるメンバーがいるバンドだったら、流れがわかるかもしれませんが、初心者のバンドの方々が1からライブ出演をするということは、多くの問題があります。例えば、ライブイベントによっては初心者のバンドの参考を断られる場合も少なくありません。自分たちのレベルにあったライブイベントを探すということが最も重要になってきます。ですが、一般的に初心者を対象にしたライブというものはあまり存在しません。

いろいろなライブイベントがある




ライブイベントには様々なタイプのものが存在します。アコースティックを中心にした静かで落ち着きのあるライブから、ハードロックなどを扱った激しくてノリのいいライブなど、ライブイベントのカラーはそれぞれです。もしあなたのバンドが、落ち着いた雰囲気の演奏するバンドであった場合、 ロック系の激しい演奏する方々のライブイベントに参加してしまうと、場違いな雰囲気を感じて、お客さんの反応もあまり良くない場合も少なくありません。そのためライブイベントに参加する際には、そのイベントの方向性を確認した上で出演を決めることが必要になってきます。

ライブイベントの年齢層




ライブイベントでは年齢層も様々です。中高年の方々を対象にしたおやじバンドライブや、学生限定のライブなど、年齢制限を絞ったイベントも存在します。年代が近い出演者が出演するライブに出ることによって、近い趣味を持った方々の前で演奏できるチャンスが広がってきます。自分たちと明らかに年代が違う出演者やお客さんが集まるライブでは、それに合わせた選曲をすることによって、お客様の反応が良い演奏をすることができるでしょう。ですので、ライブイベントでは曲の雰囲気も大事ですが、それを聞くお客さんの年齢層も意識しながら曲をチョイスすることによって、よりベストな演奏ができることでしょう。

チケットノルマがあるイベントも少なくない




またライブでは、「チケットノルマ」というものが存在します。これはいわば、最初に出演料を支払っておいて、その料金の中からチケットの代金を捻出するというものです。「最低限これだけはチケットを売らなければけない」というノルマです。これはある程度活動されているバンドの方でもクリアするのは難しいケースが多いです。ましてやアマチュアバンドで、ライブ経験が少ない初心者の方々は、このチケットノルマをクリアすることが難しく、ライブ出演を断念するというケースも少なくありません。通常チケット販売すると言う事は、アマチュアバンドの場合、知り合いの方々にお願いして買ってもらうというケースが大半かと思います。知り合いが多いアマチュアバンドの方々だったら、このノルマを達成することできるかもしれませんが、人脈があまり多くない方々は、ハードルが高いものになるでしょう。

ライブに参加するには集客が必要




またライブに出演する際には集客も重要になってきます。ただステージに立てばいいというわけではなく、その演奏を聴いてくれるお客様が必要になります。初めてのライブで全く観客が入らない状態で演奏するということは悲しいことです。まだ経験の短いアマチュアバンドの方々は、認知度もまだ少ないかと思いますので、自分たちでの集客には限界があるかと思います。そこでより多くの方々に音楽を聴いてもらう手段として、他の集客があるバンドの方々と、対バンという形で一緒にライブ出演することによって、より多くの方々に音楽を聴いてもらうきっかけを作ることができます。ですがやはり、集客力があるバンドの方々のライブは、それだけ一緒に出演したいというバンドも多くいます。ですのでなかなかアマチュアバンドの方々が出演をこぎつけることは難しいかもしれません。

初心者に通常のライブイベントは敷居が高い




また初心者のアマチュアバンドの方々は通常のライブイベントに出演するということは敷居が高いと感じるかもしれません。理由として、他の上手なバンドの方々に混じって初心者の方々の演奏するということは、レベルの差が如実に見えてきてしまうので、どうしても比較して見られてしまう点です。私の知り合いにも、初心者のバンドの方々がライブ出演した際に、上手なアーティストの方々が共演して、自信をなくしてやめてしまったというケースもあります。できるだけ初心者の方々は自分たちとレベルが近いバンドの方々と演奏することで、ライブの雰囲気もつかめますし、自信を喪失することも少ないかと思います。どんな方々でも最初は初心者です。そんな初心者にあったライブイベントを見つけることが、アマチュアバンド活動には必要になってきます。

敷居が低いライブイベントを見つけよう




上記のように、アマチュアバンドの第一の目標はライブ出演ですが、初心者バンドに見合った敷居が低いライブイベントを見せています。数は少ないですが、アマチュアのバンド対象にしたライブも実際に存在します。「上手な方々の前で演奏するのは抵抗がある」「自分たちのレベルが近いバンドの方々と共演したい」そんな方々が集まるイベントも存在します。そういったライブでは、初心者に対しても優しく対応してくれるので、これからライブイベントを続けていきたいと考えているバンドマンの方々の強い味方になるかと思います。

選曲に制限があるイベントも




ライブイベントでは、選曲に制限があるイベントも存在します。例えば「アニメソング限定ライブ」「懐メロ限定ライブ」などのターゲットを絞ったライブイベントです。このような場合、初心者大歓迎ということで募集を行っているところも少なくありませんが、オリジナル曲を演奏したいと考えているバンドマンの方々には、参加することが難しい企画となってしまいます。ですので、予め自分たちの演奏の方向性を絞った上で、ライブイベントを探して行かないと、効率よくライブイベント探すことが難しくなってます。ですので、アマチュアバンドの方々でまだ経験が少ない場合は、できるだけ演奏曲の制約がないイベントを探すことをお勧めします。

初心者限定のライブイベントのスーパーアマチュアライブ




超初心者を限定にした、スーパーアマチュアライブと言うライブイベントも存在します。アマチュアの方々のライブデビューを後押しする企画になっています。上記で書いたように、ライブ出演にはいろいろなハードルが存在します。そのハードルを乗り越えられずに、ライブ出演することなく解散してしまうアーティストの方々を減らしたいと言う狙いで運営を行われています。このスーパーアマチュアライブで、初心者でも楽しめるライブイベントに出演してみてはいかがでしょうか。
更新日:2017年6月13日
初心者向けのアマチュアライブイベントに出演しよう
更新日:2017年4月5日
イケメンが居ないとバンドは売れない?
更新日:2017年4月5日
アーティストとしてのバンド
更新日:2017年4月5日
バンドにアコギを取り入れる
更新日:2017年4月5日
バンド形式のアイドルで売り込もう
更新日:2017年4月5日
アニソンをバンドでカバーする